健康マージャンとは

かつてのマージャンのイメージは『ギャンブル』『男の道楽』『お酒を飲みながら、たばこプカプカ』『徹夜』『不健康』などでした。

しかし、マージャンというゲームほど、老若男女が同時に楽しめるゲームはありません。

近年ではマージャンを健全に楽しむことによって、脳トレとして中高年の 『健考力』を維持・向上させ、特に高齢者の 『認知症予防』にも効果があり、また子供世代には集中力・創造力・洞察力などが総合的に養われると関心が高まっています。

当会は岐阜県においてマージャンを健全なゲームとして普及させ、性別・年齢を問わず多世代にわたる『家族交流』『地域交流』を推進します。

当会の活動においては特にマナーを重視し、『笑顔あふれるハッピーコミュニケーション』を合言葉にゲームを楽しみ、市民の皆さんが生き生きと暮らせる地域作りを目指します。

お知らせ

2018/12/21 更新

「健康マージャンレディース大会」を下記の通り開催します。

日程 平成31年1月20日(日)
会場 OKBふれあい会館 3階会議室(岐阜市藪田南5-14-53)
対象 女性(年齢・住所は問いません)
定員 50名

詳しくは、こちらの チラシをご覧ください。


2018/11/21 更新

ぎふ清流レクリエーションフェスティバル協賛事業として、第2回「健康マージャン交流大会」が11月3日(土)、岐阜メモリアルセンターにて、参加者172名で開催されました。
上位4名が来年2月に東京都で開催される「全日本健康麻将選手権」の岐阜県代表選手に内定しました。

第2回「健康マージャン交流大会」の様子 第2回「健康マージャン交流大会」の様子
第2回「健康マージャン交流大会」の新聞記事

2018/9/6 更新

大垣市制100周年協賛事業として、第3回大垣市長賞争奪「健康マージャン市民交流大会」が8月26日(日)、大垣市情報工房スインクホールにて参加者93名で開催されました。

第3回大垣市長賞争奪「健康マージャン市民交流大会」の様子 第3回大垣市長賞争奪「健康マージャン市民交流大会」の様子
第3回大垣市長賞争奪「健康マージャン市民交流大会」の新聞記事

2018/5/11 更新

この度、当会は「岐阜県児童養護施設等サポーター」制度の認定団体として、この制度に賛同した300名以上の教室の受講者から寄せられた寄付金21万円を岐阜県児童福祉協議会に贈呈しました。

2018/3/5 更新

NPO法人健康麻将ぎふHCは、岐阜県が推進する「岐阜県児童養護施設等サポーター」制度に加入し、 今般サポーター団体として登録されました。今後は微力ながら岐阜県の推進方針に沿って活動してまいります。

過去のお知らせはこちら

『健康マージャン入門講座』の様子(大垣CATV、2015/6/11 放映)

Top