健康マージャンとは

かつてのマージャンのイメージは『ギャンブル』『男の道楽』『お酒を飲みながら、たばこプカプカ』『徹夜』『不健康』などでした。

しかし、マージャンというゲームほど、老若男女が同時に楽しめるゲームはありません。

近年ではマージャンを健全に楽しむことによって、脳トレとして中高年の 『健考力』を維持・向上させ、特に高齢者の 『認知症予防』にも効果があり、また子供世代には集中力・創造力・洞察力などが総合的に養われると関心が高まっています。

当会は岐阜県においてマージャンを健全なゲームとして普及させ、性別・年齢を問わず多世代にわたる『家族交流』『地域交流』を推進します。

当会の活動においては特にマナーを重視し、『笑顔あふれるハッピーコミュニケーション』を合言葉にゲームを楽しみ、市民の皆さんが生き生きと暮らせる地域作りを目指します。

お知らせ

2019/5/9 更新

第3回岐阜県知事賞争奪「健康マージャン県民交流大会」を開催します。

6月22日(土)に岐阜メモリアルセンター・ふれ愛ドームで開催。
この大会は「ねんりんピック2019和歌山大会」の岐阜県代表選手選考会を兼ねています。

詳しくは、こちらの チラシをご覧ください。

2019/5/6 更新

「土曜日研修会の新規開催」

令和元年7月13日(土)より新たに研修会を開始いたします。
今まで教室・研修会は平日のみの開催でしたが、休日開催の要望が多く、当面月2回ですが、新規に開催し、今般会員を募集いたします。

詳しくは、こちらの チラシをご覧ください。

2019/4/3 更新

平成31年3月23日(土)岐阜産業会館にて、第3回岐阜市長賞争奪「健康マージャン市民交流大会」が開催されました。
岐阜市及び周辺市町より108名(最年少12歳、最高齢93歳)が参加され、熱戦が繰り広げられました。

2019/3/18 更新

今般、当会は岐阜県が設けた「児童養護施設等サポーター制度」の認定団体として、昨年5月より教室・研修会の会員や各大会の参加者から寄せられた善意25万円を「岐阜県児童養護施設協議会」に寄付し、同協議会から感謝状を頂きました。

岐阜新聞 平成31年3月16日付

2019/3/4 更新

今般、NPO法人健康麻将ぎふHCの理事である「服部清」様個人より『今後開催されるねんりんピック岐阜大会のリハーサル大会や本大会に使ってください』と、手積みマージャン卓と牌を26セット寄贈いただきました。
今般、服部清様に感謝状を贈呈しました。


2019/3/4 更新

2019年2月23日(土)イオンタウン大垣コミュニティホールにおいて、2018年度にNPO法人健康麻将ぎふHCが主催する各地区の研修会の上位者総勢68名による、年間グランドチャンピオン決定戦が行われました。
この大会は今年の9月に新潟県村上市で行われる「国民文化祭 全日本健康マージャン交流大会」の岐阜県代表選手決定戦も兼ねており、上位4名が代表に内定しました。


2019/1/22 更新

第2回健康マージャンレディース大会が1月20日(日)に、OKBふれあい会館にて参加者52名で開催されました。

第2回健康マージャンレディース大会の様子 第2回健康マージャンレディース大会の様子
第2回健康マージャンレディース大会の新聞記事

過去のお知らせはこちら

『健康マージャン入門講座』の様子(大垣CATV、2015/6/11 放映)

Top